福袋は体力勝負

福袋を買うために並ぶのは大変です。

大好きな雑貨ブランドの福袋は、魅力的な商品がぎっしり詰まっていて毎年争奪戦でした。

朝は6時半ぐらいからデパートの前に並んで、開店の10時前にはもうぐったりです。

それでも開店と同時に走らないと他の人に取られてしまいます。エスカレーターは特別に止められているので3階の売り場まで大急ぎで駆け上がりました。

こんな調子で今のところ3年連続でゲットしています。

中身はマグカップやタオル、ブランケット化粧ポーチなど1万円相当の物が入って購入価格は3000円でした。

新商品ではなく昨年の物が多いのですが、ブランドのファンでお店に通いつめているので「プロパー商品が本当に安くなっているんだな。」というのがわかりました。 

中には男性2人組みが買っていく姿もありました。転売目的でしょうか?

私たちのように自分で欲しくて買いに行く人ばかりではないんだなと新しい発見でした。

福袋は買うまでが大変ですが、やっぱり楽しくてお得感があるのでやめられません。

お正月や地元の野球チームが優勝した時など、今後も争奪戦に参加したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です